2018年04月07日

日本軍 実物 三十年式銃剣③

皆さんおはこんばんちは
新年度を迎え新しい環境になった方もいらっしゃるかと思います。
不安も多いと思いますが頑張っていきましょう・・・!

さてさて今回はまたまた銃剣の紹介になります。
一振ずつの紹介だとキリがありませんので今回は二振まとめてご紹介したいと思います。

という事でいつも通り画像をば。



こちらは日本軍 実物 三十年式銃剣③ になります。

今回は直線(ストレート)鍔の物をご紹介したいと思います。





まずはこちらから。
こちらは柄木ネジ仕様の俗に云う初期型直線鍔の三十年式銃剣です。

このタイプが以前から欲しかったので偶然発見し購入してみました。
状態はかなり良い方だと思います。





まずは銃剣本体から見ていきたいと思います。

この銃剣黒染め仕様のようですね。





刀身の画像。

黒染め刀身鞘の板バネが当たる部分は剥がれていますが
それ以外は黒染め残っています。



刀身の刻印部ズーム画像。

この銃剣名古屋工廠/造兵廠及び豊田自動織機製を示す刻印が打たれています。

豊田自動織機の刻印の物は今回は初めてです・・・!面白い刻印ですね。





続いてはの画像。

鍔の龍尾カーブした形状ではなくシンプルな直線(ストレート)鍔です。

曲がった形状の物と比べるとやはり軽量に感じます。
すっきりしてますしこちらはこちらで有用だと思います。





銃口へ通す穴部の画像。

こちらは変わりませんね。







鍔の龍尾(フック)
の画像。

鍔の裏側角を面取りされているようですね。

この違った魅力がありますね。取り回しもし易そうなので気に入りました。






続いては柄木部の画像になります。






柄木部上下からの画像。



柄木凹みなど打痕、傷があり若干のクラックもありますが
大きな破損はなくまだまだ使える状態です。

   





こちらは柄木ネジ部の画像になります。

ネジ
は問題なく外すことが出来ます
固着してしまった物も多いのでこれは嬉しいですね!



という事で柄木外してみました。



取り外した柄木の裏側の画像。

鉛筆書きの番号などは無いように見えます。薄れてしまっているだけかもしれません。
いずれにしても裏側の状態良好だと思います。





柄木取り外した状態銃剣の柄部の画像。

錆も少なく良好です。



柄の刻印部
の画像。

21 ネ
打たれています。









続いては柄頭部の画像になります。

こちらも状態は良好だと思います。



後方柄頭にある刻印部の画像。

名古屋工廠製を表す打印があり
ろほ平仮名印製造番号が打たれています。

ろほの2文字は検査印でしょうか?



着剣装置内部の画像。

内部の状態も良好です。



柄頭着剣用のストッパの画像。

ストッパーは問題なく可動します。





お次はの画像になります。





鞘の剣差用ベルト通し部ネジ部の画像。       

この部分は角張って幅のある仕様になっています。
ネジ問題なく取り外し出来ます。   



鞘の口金部の画像。



鞘の塗装は残っていますが錆が若干浮き上がっています。





先端部の画像。

このでは先端突き出た形状の物なっております。





続いては刀身止め用バネの画像になります。

やはりこの仕様鞘の内部の刀身止めは画像のような板バネのようですね。


           

さて続いてはもう1つの銃剣をご紹介します。


こちらは末期型三十年式銃剣になります。





この末期型銃剣思い入れのある品でもあります。

日本軍装備の末期の品はあまり好きではないのですが・・・・
初めて購入した銃剣がこの末期型なのです。
12年ほど前に中田商店さんで購入したのがこの銃剣でした。
(すぐに売却してしまいましたが・・・)





という事で細かく見ていきたいと思います。






刀身部の画像。

刀身切断されていますがが無くかなり簡素化されているのが分かります。
刀身黒染めです。



刀身根元にある刻印部ズーム画像。

星形に王冠?のような珍しい刻印でこれは仁川陸軍造兵廠製の刻印になります。
朝鮮の仁川陸軍造兵廠で製造された銃剣末期型も含め少ない事で有名で貴重かと思います。







 

次は鍔部の画像になります。

末期型ということもあり直線(ストレート)型になります。






銃口へ通す穴部の画像。





鍔の龍尾(フック)の画像。

先に紹介した銃剣とは異なり裏側角を面取りされてません。









続いては柄木部の画像。

カシメ打ち固定されており取り外すことが出来ません

また下側柄木覆われています
柄木ネジ仕様とは異なった作りになっています。



柄の上部には刻印が打たれています。

検査印
でしょうか?何故この部分にあるのでしょう。
柄木カシメ打ち仕様なので刻印確認出来易くする為でしょうか?









続いては柄頭部の画像になります。

柄頭長方形に近い角張った形状をしております。
握り易いよう柄頭は今まで出っ張った形状をしていましたが
末期型では省略され非常にシンプルな形をしています。

外観はあまり格好良いとは言い難くいのですが・・・末期ならではの魅力があると思います。



柄頭にある刻印部の画像。

製造番号は乱れてうねうねして刻印されています。
その下には仁川陸軍造兵廠製を表すの文字が打たれています

手持ちの銃剣とは全く異なる刻印で面白いですね・・・!



溝内部の画像。

錆が浮いていますね・・・





着剣用のストッパー部の画像。

ストッパーボタン角ばった形状をしています。
ボタン問題なく可動します





続いては付属の画像。

こちらは末期銃剣最初から付属していた物ではなく
前の所有者さまが付けて下さった物です。

凹みが多く錆も酷い状態です。





     
鞘の剣差用ベルト通し部ネジ部の画像。    

丸みがあり厚みのある形状をしております。



鞘の口金部の画像。




先端部の画像。

このでは先端丸い形状になっております。





最後に今回紹介した銃剣を並べてみました。






同じ直線(ストレート)鍔銃剣ではありますが
刀身、柄頭の形状が違うだけで印象がまるで異なりますね。



さて以上で日本軍 実物 三十年式銃剣③の紹介になります。

今回は直線鍔の銃剣を紹介させて頂きましたが
さらに収集していきたいと思っています。

柄木カシメ打ち仕様の銃剣も何振りか購入出来たらと考えています。
しかし年々銃剣の価格は間違いなく高くなって来ていますね。
特にコンディションの良い物は中々・・・


さて今回は以上になります。

ではでは~
ノシ





同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
日本軍 実物 三十年式銃剣④
日本陸軍 実物 将校用飯盒&水筒
日本軍 実物 三十年式銃剣②
日本軍 実物 三十年式銃剣①
実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣
日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 日本軍 実物 三十年式銃剣④ (2018-04-28 22:25)
 日本陸軍 実物 将校用飯盒&水筒 (2018-03-17 18:09)
 日本軍 実物 三十年式銃剣② (2017-12-23 12:48)
 日本軍 実物 三十年式銃剣① (2017-12-16 12:56)
 実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣 (2017-11-11 13:18)
 日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃 (2017-07-22 23:40)
Posted by アンチョビことチビ at 13:26│Comments(0)・日本軍 実物 装備
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。