2018年04月28日

日本軍 実物 三十年式銃剣④

皆さんおはこんばんちは!
もうゴールデンウィーク突入ですね!まぁ私は出勤なのですが・・・

さてさてという事で今回も銃剣をご紹介したいと思います。

(相変わらず同じ物ばかりの紹介で申し訳御座いません・・・)

という事で早速画像をば。



こちらは日本軍 実物 三十年式銃剣④になります。

以前に直線(ストレート)鍔仕様の銃剣を紹介させて頂きましたが
今回はまた別仕様銃剣になります。

今回も2つまとめての紹介になります。





今回ご紹介する三十年式銃剣の全体画像になります。

両者同じ作りではありますが細部に差異が見られます。



という事で早速銃剣本体を見ていきたいと思います。





鞘から抜いた銃剣本体の画像。

作りからこの銃剣中期以降の型になるのでしょうか。

両者とも若干が見られ銃剣に関しては柄木欠損していましたので
とある方に頼んで柄木を製作して頂いております



刀身部の画像。

2つとも黒染め仕様の刀身になっています。
しかし銃剣粗い刀身です。末期に近い時期の物でしょうか?




     
刀身根元にある刻印の画像。

小倉造兵廠&光精機製作所刻印
は以前ご紹介した末期型と同じ朝鮮仁川陸軍造兵廠製の刻印になっています。

まさかまた仁川陸軍造兵廠製の物が入手できるとは思いませんでした。





続いては鍔部を見ていきたいと思います。

こちらも微妙な差異が見られます。





鍔の龍尾
部の画像。

龍尾の形状は微妙に異なっています
龍尾の先端の曲がり具合浅くそして深くになっています。

単にいずれかが変形しているだけの可能性もありますが
この曲がり具合だけで外観が変わりますね。
  




銃口へ通す穴部の画像。

こちらは差異は見られません。



 





続いては柄木部の画像。

小倉造兵廠&光精機製作所製。
仁川陸軍造兵廠製です。

上の小倉造兵廠&光精機製作所製は柄木欠損していたので
製作して装着して頂いてます。クルミ材を使用されており木質は最高です。

2つとも柄木の固定ネジ式ではなくカシメ打ち式になっています。
これも年代を見分けるポイントになると思います。









上下面からの画像。

小倉造兵廠&光精機製作所製。
仁川陸軍造兵廠製です。

柄部は他にも特徴が見られます。
以前紹介した末期型でも同様なのですが柄の下側覆われています
フレーム保護の為なのでしょうか?こちらも見分けるポイントになりそうですね。






続いては柄頭部の画像になります。

小倉造兵廠&光精機製作所製。
仁川陸軍造兵廠製です。

こちらも柄木ネジ式(前期型)の物とは異なる作りをしています。

柄頭直線のある形状をしております。





柄頭着剣用のストッパの画像。

小倉造兵廠&光精機製作所製。
仁川陸軍造兵廠製です。

ストッパーは問題なく可動します。
ボタンの頭平たく丸みはありません





後方柄頭にある刻印部の画像。

小倉造兵廠&光精機製作所製。
仁川陸軍造兵廠製です。

製造番号刻印大きさに差異がありますね。



着剣装置部からの画像。

小倉造兵廠&光精機製作所製。
仁川陸軍造兵廠製です。



 

柄頭側面からの画像。

小倉造兵廠&光精機製作所製。
仁川陸軍造兵廠製です。

面取りされていますが場所によっては綺麗な直線ではない箇所も。
しかし製造時期もありますのでこういう物なのかもしれません。



 

続いてはの画像になります。

小倉造兵廠&光精機製作所銃剣に付属の
仁川陸軍造兵廠製に付属のです。

いずれも凹みがあり再塗装された可能性があります。



 

剣差用ベルト通し部ネジ部の画像。   

小倉造兵廠&光精機製作所銃剣に付属の
仁川陸軍造兵廠製に付属のです。

それぞれ角ばった形状丸みのある形状になっています。



鞘の口金部の画像。

厚さも形状も微妙に違います。



先端部の画像。

やはり剣差用ベルト通し部ネジ部角張った形状では先端突き出た仕様
丸みのある形状では先端丸みのある仕様となっています。



分解してみた所。

小倉造兵廠&光精機製作所製の板ばね式の刀身止めになっています。
仁川陸軍造兵廠製に付属していたネジは外せましたが口金がどうしても固く外れませんでした(汗



さて最後に複製品であるKTW製三十年式銃剣と見比べてみたいと思います。

こちらは最新ロット三十年式銃剣になります。





KTW製複製三十年式銃剣
中央小倉造兵廠&光精機製作所銃剣
仁川陸軍造兵廠になります。

KTW製銃剣柄木の固定法、柄頭の形状から
俗に云う中期型(昭和に入ってからの仕様)になるようですね。

今回紹介します実物銃剣がそれに該当するのですが
KTW製は中々良く再現されていますね。





柄部上下面からの画像。

KTW製複製三十年式銃剣
中央小倉造兵廠&光精機製作所銃剣
仁川陸軍造兵廠になります。

そもそもKTW製材質も根本的に違いますし
柄木の厚さや丸み違いますので実物と比べるとやはり差異があります。

ですが柄木覆われている特徴、分解可能ながら此処まで形状を再現出来ているのは
素晴らしいと思います。最新ロットはお勧めですね・・・!



鍔の龍尾(フック)の画像。

製造時期と製造工廠によって形状は異なるとは思いますが
手持ちの実物銃剣と比べるとKTW製はどちらかというと
仁川陸軍造兵廠近いような気がしますね。(仁川造兵製に限った事ではないですね)



柄頭
のズーム画像。

小倉造兵廠&光精機製作所銃剣
中央仁川陸軍造兵廠
KTW製複製三十年式銃剣になります。

直線的な形状をしている柄頭だと分かりますね。





さて以上で日本軍 実物 三十年式銃剣④の紹介になります。

銃剣も結構揃ってきました・・・!

まだ何本か集めたい所なのですが大きな買い物をしたので
暫く銃剣収集お預けにしたいと思います。
(逆に何本か処分してます・・・)


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ




同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
日本軍 実物 三十年式銃剣③
日本陸軍 実物 将校用飯盒&水筒
日本軍 実物 三十年式銃剣②
日本軍 実物 三十年式銃剣①
実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣
日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 日本軍 実物 三十年式銃剣③ (2018-04-07 13:26)
 日本陸軍 実物 将校用飯盒&水筒 (2018-03-17 18:09)
 日本軍 実物 三十年式銃剣② (2017-12-23 12:48)
 日本軍 実物 三十年式銃剣① (2017-12-16 12:56)
 実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣 (2017-11-11 13:18)
 日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃 (2017-07-22 23:40)
Posted by アンチョビことチビ at 22:25│Comments(0)・日本軍 実物 装備
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。