2017年03月25日

ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ

皆さんおはこんばんちは!

さてさて(唐突) 今回もその他装備品をご紹介したいと思います。

以前紹介した物と同じような物になりますが・・・ひとまず画像をば。

こちらはロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグになります。

あれ?以前と同じ物では??と思われる方もいらっしゃるかと思います。
いえいえ。こちらは通常ラズチクでして以前に紹介した物は同じラズチクでもM型になります。
細部もかなり作りが異なっております。勿論共通してる部分も多いのですが。

M型を購入してから通常ラズチクも気になってしまい、
結局こちらも購入する事にしました(笑

ロシア装備は相変わらずする予定はないのですが・・・(汗

ちなみに以前に紹介しましたラズチクM型の記事は以下になります。
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e806541.html (SSO製 Lazutchik M チェストリグ)

まずは生地ズーム画像。

色合いはオリーブ色
手持ちのM型と比べるとこちらの方が若干明るめです。

こちらはチェストリグ本体部の画像。

マガジンポーチ部などが特徴のある独特な形状をしているのが分かりますね。

これがラズチク魅力のある部分だと思います。

マガジンポーチ部の拡大画像。

マガジンAKサイズのマガジン収納可能です。

ポーチ3連になっており通常合計6本
仕切り取り外す事で合計9本マガジン収納出来ます

ポーチ開いてみた画像。

ポーチの蓋留めるのにはベルクロスナップ(ドット)ボタン使用されておりま

角カンワンサイズ大きな角カン挿しさらに蓋にあるフラップ挿し込んで固定します。

少々古い作りのように見えますが素早く開く事が出来ます



マガジンポーチ
内部の画像。

マガジンポーチ前後には(塩ビ製?)が縫い付られており取り出し易くまた型崩れを防止してくれます。

中央には仕切りが存在します。



取り外した仕切りの画像。

マグポーチ内部両端中央ベルクロが縫い付けられており
このベルクロ仕切り固定されております。

ですので仕切り任意で取り外す事が可能です。



仕切り取り外した状態マガジンポーチ内部の画像。

仕切り外した事でマガジン3本収納可能になります。




LCT製ペークライトタイプマガジンを収納した画像。

このように3本収納可能ですが・・・



スチールマガジン3本収納するのは止めといた方が良いかもしれません。
と云うのもマガジン後面出っ張っておりこれが干渉しポーチ内部の板傷めるからです。

ポーチの板に何かを貼ったりすれば良いかもしれませんが・・・



私はスチールマガジン2本ペークライトタイプマガジン3本と使い分けて収納しようかと思います。



続いてはマガジンポーチ底部の画像。

やはり各ポーチには鳩目が存在します。



マガジンポーチにあるグレネードポーチの画像。

グレネードポーチ片側に2つずつあり両側合わせて合計4つ存在します。

このグレネードポーチベルクロ用いない角カンを用いた蓋留め法になっております。



グレネードポーチ底部の画像。

やはりこちらでもには鳩目が存在します。



フレア(信号弾)ポーチ部の画像。

グレネードポーチにはフレアポーチがあります。

これはM型には無かったポーチですね。
チェストリグに存在し長細いこのポーチがある事でまた格好良いのですよ・・・!



チェストリグ上部中央にあるポケット部の画像。

M型と同様の作りのポケットナップ(ドット)ボタン2つ開閉します。



裏側にあるラベル部の画像。

私の所有するM型と同様のラベルですね。
SPOSN/SSOタグ縫い付けられております。



ポケット内部の画像。

このチェストリグポケットチェストリグ全体広がる容量があります。



 

チェストリグ下部にあるベルトループ部の画像。

ここもM型と同じで合計4つベルトループが存在します。
ベルトループベルクロスナップボタン開閉、固定します。



チェストリグ本体部裏面の画像。

こちらもM型同様でメッシュ(網)が貼られており
その下はクッション材らしき物が内蔵されております。




肩部の画像。

こちらもmolle(モール)対応の作りになっております。

肩部に様々なポーチ類、小物を装着する事が出来ますが・・・
銃の床尾版当たる部分でもあるのであまり付けれないような気もしますね・・・



肩部後面の画像。

やはりこちらも後面molle対応ではありません。
幅広のループが縫い付けられております。



肩部裏側の画像。

やはり肩部メッシュとクッションのある作りになっております。



背面にあるショルダー接続用金具の画像。

やはりこちらもM型同様に金具横向きに付けられております。

このラズチクもショルダーチェストリグの定番である背面X型
そして背面H型2種類に変更する事が出来ます。


 
バックストラップ部の画像。

ここもM型と変わりませんね。



最後に手持ちのラズチクM型と比較してみたいと思います。

が昨年購入したLazutchik M型
が最近購入したLazutchikです。



やはり一番目がいくのはマガジンポーチですね。

3連4連、そして形状蓋留め法も異なっております。



またポーチ類も構成が異なっております。

が昨年購入したLazutchik M型
が最近購入したLazutchikです。

M型ではグレネードポーチ片側4つの構成ですが
通常ラズチクでは片側グレネードポーチ2つフレアポーチの構成になっております。



しかし他の作りは殆ど変化ありません

が昨年購入したLazutchik M型
が最近購入したLazutchikです。

molleループの数など同じショルダー金具バックストラップに関しても同様です。


さて以上でロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグの紹介になります。

このLazutchikチェストリグM型も含めてmolle対応、非対応生地の色合いなどで
バリエーションがあるようですね。

現用物の装備専門外・・・と云いますか無知でその系譜も全く知らないのですが
ひと味違ったAK用のチェストリグで個性的だと私は思います。

どうにかして・・・こいつを活用したいですね・・・!

それでは以上になります。

ではでは~

ノシ




タグ :その他装備

同じカテゴリー(その他の装備)の記事画像
ブラックホーク社製 散弾銃(ショットガン) ショットシェル用バンダリア
ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング
ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド
サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用
フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色
ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク)M AKチェストリグ
同じカテゴリー(その他の装備)の記事
 ブラックホーク社製 散弾銃(ショットガン) ショットシェル用バンダリア (2017-07-08 11:02)
 ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング (2017-04-15 13:58)
 ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド (2017-02-25 18:05)
 サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用 (2017-02-04 20:12)
 フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色 (2016-10-29 11:39)
 ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク)M AKチェストリグ (2016-10-22 15:11)
Posted by アンチョビことチビ at 21:02│Comments(0)その他の装備
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。