2018年04月21日

海外製 複製 中国軍 革製四連&布製六連型 軽機関銃用胸掛け弾帯

いやぁ暑い・・・日が続きますねぇ。
という事でおはこんばんちは水呑み百姓です。

さてさて今回は久しぶりに日本軍以外の装備品をご紹介したいと思います。

まずはいつも通り画像をば。



こちらは海外製 複製 中国軍 革製四連&布製六連型 軽機関銃用胸掛け弾帯 になります。

チェコのZB26軽機関銃のトイガン昨年処分したのですが
弾倉を収納する装具に興味が湧きまして
中国軍の複製品があるのを知り購入してみました。

中国軍の弾帯ZB26の20連用弾倉収納出来ますが
中国軍ではZB以外にもBARやそのライセンス版のFNモデル使用していますので
軽機用として紹介させて頂きます。

ちなみに以前に当ブログで海外製の複製革&布生地製の弾帯を紹介させて頂きましたね。
今回紹介するのは海外製ですがいずれも別業者製になります。





まずは革製四連型弾帯を紹介させて頂きます。

中国軍モーゼル拳銃用や短機関銃用革製弾帯も使用していますが
軽機関銃用の物を使用しています。

私はZB26鹵獲した日本軍装備の一環として購入してみましたが
革製という事もあり独特な外観をしていますね。中々魅力的てす。



革生地のズーム画像。

革生地ですが本体に関しては比較的厚く好感が持てます
到着後、しつこいくらいに保革油を塗布してますので赤みが増しており
実際に使い古したような色合いになっています。



こちらは弾倉収納部の画像。

この弾帯では弾倉4個収納可能です。
複製品では六連型の革製の物も存在するらしいのですが・・・そちらも気になりますね。





弾倉収納部開けてみた画像。

この弾帯ではスナップボタン(ドットボタン)開閉します。

に弾倉(マガジン)が入っていないとやはり閉めにくいですね・・・







弾倉収納部周りの画像。

弾倉収納部下側両端隙間がありますがちゃんと弾倉の形状に合わせた作りになっています。



弾倉収納内部の画像。





弾倉収納部
左右にある縫合面の画像。

合成繊維の縫い糸のようで解れている箇所も多くここが残念ですね。
最悪補強が必要になるかもしれません。





弾帯本体にある左右端物入れの画像。

これは拳銃の弾薬か弾倉もしくは軽機の装具収納していたのでしょうか?
こちらも何を入れていたのか気になりますね・・・!



物入れ内側の画像。







続いては胴締め帯革(ベルト)部の画像。

ベルトのバックルカシメ止め縫い糸使用されておりません

ベルト穴6つで6段階に調節できます。



バックル金具の画像。

金具の爪細くチープです。



胴締めベルト締めた状態の画像。



続いては肩部のベルトの画像になります。

本体上部にはバックル金具遊革のあるベルトが存在します。





このベルトは弾倉収納部本体生地間に縫い付けられています





バックル部
の画像。

このベルトカシメ止めされております。
また遊革の縫いと簡単に解れてしまいあまり良い出来とは言い難いです。





両端上部にあるベルトの画像。



              

このベルトを上で紹介したバックル通します
このベルトカシメ打ちで固定されています。



肩掛けベルト
調整した状態の画像。

背面がクロス(交差)する形になり現代に見られるチェストリグとそう変わらない構造ですね。



弾帯後面の画像。




後面にも保革油は塗布しているのですが・・・縫い糸にも付着してしまうと簡単に解れてしまいました。





続いては六連型布製弾帯になります。

国民党軍の使用例は意外にこの布製が多いように思います。



生地のズーム画像。

帆布製
茶褐色の色合いです。
生地は中々良いと思います。





弾帯後面には画像のようなスタンプが存在します。

よく判読出来ませんが・・・当時の物を再現しているのでしょうか?



弾倉収納部の画像。



 

布製という事もあり簡素な作りになっています。



蓋留め特徴的です。

中国軍の小銃用バンダリアでも見られる作りですが
この弾帯の蓋開閉します。





蓋側にはループがあり本体側縫い付けられたループ通し結ぶ事で固定します。

金具も使わず簡素で生産性が高い作りですね。
紐式なので慣れれば簡単に解いて蓋を開くことが出来ます

ただ固定するのは通して結ぶので少々手間取りますね。



内部の画像。

鳩目などなく隙間もありません。





この弾帯六連型という事もあり弾倉収納部しかありません。




胴締め
はベルトではなくシンプルな紐式です。

蓋留め同様に柔らかい材質で強度に不安が残ります。



胴締め紐結んでみた状態の画像。

外見は格好良いとは言い難いですが・・・
結び易く長さ調整も容易です。実用性は高いと思います。





続いては肩負い紐の画像になります。





肩負い紐取り外し出来ない作りになっており
本体の上部には金具がありそこに通します



本体端側肩負い紐縫い付け部の画像。




肩負い紐長さ調整部の画像。

革製とは異なり長さの調節細かく調節できます。
ただ実弾と弾倉の重量で下がって来ないか不安が残りますね。



肩負い紐生地
裏側の画像。

肩負い紐は本体と同じ帆布生地で作られています。




さて以上で外製 複製 中国軍 革製四連&布製六連型 軽機関銃用胸掛け弾帯の紹介になります。

ZB26はもう手元にないので活用する機会は無いと思いますが
この胸掛け式弾帯は中々使い勝手が良さそうな装備品ですね。

布製は簡素な印象が強いですがその分生産性が良く実用的だと思います。
外見だけで優劣の判断は出来ませんね・・・!


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(その他の装備)の記事画像
ヘリコンテックス(HELIKON-TEX)製 DIRECT ACTION DUST MKⅡバックパック
ブラックホーク社製 散弾銃(ショットガン) ショットシェル用バンダリア
ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング
ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ
ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド
サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用
同じカテゴリー(その他の装備)の記事
 ヘリコンテックス(HELIKON-TEX)製 DIRECT ACTION DUST MKⅡバックパック (2017-11-04 18:14)
 ブラックホーク社製 散弾銃(ショットガン) ショットシェル用バンダリア (2017-07-08 11:02)
 ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング (2017-04-15 13:58)
 ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ (2017-03-25 21:02)
 ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド (2017-02-25 18:05)
 サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用 (2017-02-04 20:12)
Posted by アンチョビことチビ at 15:53│Comments(2)その他の装備
この記事へのコメント
PX250ネタはないでしょうか?

まだお持ちならよろしくお願いします。
欲しくて( ´∀` )
Posted by zoru at 2018年04月27日 14:51
>>zoru さん

申し訳御座いません。ご返事遅くなってしまいました。

PX250とは・・・PS250の事でしょうか?
あれからウインドシールドを追加しフォークブーツも付けてみようかと
考えております。

ですが高価な軽機関銃もトイガンを購入してしまいましたので
暫く弄る事はないと思います。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2018年05月05日 21:39
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。